MENU

ベルタ妊娠線クリーム|シラノール誘導体

ベルタ妊娠線クリームって話題のシラノール誘導体が入っているといいますが、そもそもシラノール誘導体って何なのでしょう。そんな疑問にここではお答えします。

 

シラノール誘導体の効果

シラノール誘導体と聞いてもいまいちよくわからない方も多くいると思います。このシラノール誘導体は、妊娠線を気にしている皆さんが必ず考えると思われる保湿性が抜群な成分です。浸透力がただの保湿クリームとは段違いで、肌の奥底までしっかり浸透し、保湿を行ってくれます。

 

ただ保湿するだけだったらそんなにほかと変わらないのではないかと思うかもしれませんが、ここからがシラノール誘導体の真骨頂です。
シラノール誘導体は保湿を行うだけでなく、肌のコラーゲンの生成を促進!さらにはコラーゲン同士の結びつきを強くします!

 

コラーゲンが増えて結びつきが強くなるって言われてもいまいちぴんときませんか?
現在妊娠中でお腹が大きくなってきた方は良くお分かりかと思いますが、妊娠中の肌ってなんだか乾燥気味でとっても敏感になっていますよね?その状態の肌の奥で何が起きているのかというと、実はコラーゲンが不足しているんです。コラーゲンが不足していることによって肌に起こるよくないことをまとめました。

・肌にハリがなくイキイキとしていない
・肌のターンオーバーの周期が不安定になる
・引っ張られる力に弱くなり、妊娠線ができやすくなる
・肌本来の持っている保湿する力が弱くなっている

と主にこのようなよくないことが起きているんです。
これだけ肌が弱っている状態で保湿だけ行っても妊娠線の予防はできません。
肌のコラーゲンを補ってあげることが妊娠線予防にはとても大切なんです。

 

そういった点で、ベルタ妊娠線クリームに含まれているシラノール誘導体は海外でも多くの妊娠線予防の実績を挙げているということなんです。

 

妊娠線にはシラノール誘導体

シラノール誘導体の効果についてはお分かりいただけたかと思います。このシラノール誘導体の効果は、妊娠線の予防だけではなく、できてしまった妊娠線にも効果があります。
妊娠線は、肌の奥深くの真皮に達するところから肌が割れてしまうことからできてしまうものですが、この真皮の主な成分はコラーゲンです。コラーゲンの補給と修復、強化がされることによってできてしまった妊娠線にも高い効果を与えてくれます。
妊娠線ができてしまう前からの準備はとても大切なのですが、万が一できてしまってもしっかりとケアを行っていれば薄くしたり消したりすることも可能です。多くの方から喜びの声をいただいているベルタ妊娠線クリームならその効果を実感できるはずです。